シャッフル第1回、第2回に参加してきました(`・ω・)+。

  • 2014.03.10 Monday
  • 08:49
今年に入ってもう2か月以上が過ぎてしまいました。早いものです(`・ω・)+。
早いことは早いのですが、年を経ってくると「ああ、いつものこの感覚か」と妙に納得してしまい、過ぎ行く季節を遠くにただ眺めるばかりの昨今。如何お過ごしでしょうか。

こんばんは、ごん太です。
またしても果てしなくお久しぶりになってしまいました。更新どげんかせんといかん。
さて1月、2月と川崎は元住吉で開かれているゲーム会「シャッフル」さんにお邪魔してきました。
主催は朱里さん、谷町さんご夫妻。お2人とはミスボドやNFUで何度かご一緒していましたし、ボドゲ歴もそう違わないことから、勝手ながら、親近感というか仲間意識のようなものを抱いておりました。
なので、年明けからお2人がゲーム会を開催すると聞き、一も二も無く参加表明させて頂いた次第です。

会場のある元住吉は、東急線沿線の明るく清潔感のある住宅街。個人経営の瀟洒な飲食店が並ぶ商店街を抜け10分弱歩けば、目的地「国際交流センター」が見えてきます。
会場に着いて誰もが抱くであろう感想は「会場がキレイ」ではないでしょうか。建物自体が「国際」の名に恥じぬ広くて解放感のある施設なのですが、擁する会議室も相応に立派なもの。
特に初心者や女性にたくさん来て楽しんで欲しい、というコンセプトではじめられたということから、会場選びにもかなり気を遣われているのかなと想像します。
そのコンセプトは会場の綺麗さだけではありません。会の雰囲気にも顕れているように思えました。
柔らかさや和やかさの中に、どこか襟の正しさを感じます。それは例えるなら、教育の行き届いた店員さんが笑顔で迎えてくれるカフェのようなもの。女性の割合が高いのもしっくり来ますね。
主催様の努力がそこかしこに感じられる会です。

では、僕の遊んだゲームを振り返ってみたいと思います。

■惨劇RooperΧ

良く考えると、オープンゲーム会で遊ぶのは初めてかもしれませんΣ[゜ロ゜]。
当日の脚本家募集でちょっと慌ててしまったのですが、なんとかこんとかで久しぶりにつとめさせて頂きました。
はじめての方がプレイ希望されているということで、デン助さんと自分が脚本家やりましょうぞと手を挙げたのですが、相談の結果、今回は一応「Χ」の経験がある僕の方で担当することになりました。
主人公メンバーは初プレイのにこりっくさんと、久しぶりという谷町さん、脚本家・主人公共に数度の経験のあるゴマ卵さん。
はじめての方がいるということで、今回は初心者向けのファーストステップの構成で、ルールブック添付のシナリオをやりました。
経験者のゴマ卵さんがあくまでアドバイス役に徹し、主導権を初プレイのにこりっくさんに渡すという、とても良いチームワークで、3人の連携もバッチリでしたね(`・ω・)+。
ちょっと簡単過ぎて物足りなかったのではないかという懸念はありましたが、特ににこりっくさんは楽しまれていたようで、よかったです。
惨劇は新拡張のアナザーホライズンが全くプレイ出来てないので、どこかで集中的に遊ぶ機会を見つけたいですね。

余談ですが、NINTENDO DSのM01というソフトで作った自作の惨劇イメージ曲をsound cloudで公開しています。(https://soundcloud.com/takabomb/my-bloody-xanadu)特に音ゲー好きな方は良かったら聴いてみてください。
こちらのニコニコ動画の投稿作でも使って頂いているようですね。ありがとうございます。

■ロバの橋

デン助さんが卓立てされていた、キッズ向けメモリーゲームです。
手番プレイヤーは配られた3枚のタイルを開き皆に見せます。そして、そこに描かれた絵と言葉を手掛かりにストーリーを即興で作り、これを皆に覚えてもらいます。一巡したところでランダムにタイルをめくり「さあ、他の2枚は何でしたか?」ときます。
子供たちもたくさん参加されている「NFU」の主催(代理)をつとめられるデン助さんだけあって、これは若ければ若いほど強いゲームですねヽ( ;∀;)ノ。久しぶりに脳がこそばゆい思いをしました。
もちろん、おっちゃんはどんけつでしたよ。

■ピット

とにかく「チーン」ってやりたいです!
リアルタイム交渉で交換し、手札をすべて同じ数字で揃えれば「チーン」して勝利です。
こまけえことはいいんだよ的なノリで、誰でも楽しめるゲームですね。
ノーマル(声だし)モードと、サイレントモードとで一回ずつ遊びました。
特にサイレントモードの独特な雰囲気は面白いですね。指で欲しいカード枚数を示して素早く交換するのですが、その静かな興奮は幼い頃の記憶をくすぐられるような、プリミティブな「遊び」の空気に満ちています。
サイレント中に、後ろで見ていたrikiくんが「ねー、お母さん何やってるの?ねー」と絡んで来るのに対し、真剣にゲームを続行されていたお母様のkanaさん。微笑ましくもちょっとふきだしそうになってしまいましたヽ( ・∀・)ノ。
まあ、端目にはなかなか奇妙に映りますよね(笑)。何やってるんだろうと。

■ジュリエットと怪物
 
僕の好きなカサソラ=メルクルデザインの、6〜7年ほど前に発表された作品の日本版です。
ちょっと複雑なババ抜きとでも言いましょうか。
戦略性と読み合い、騙し合いがシンプルな中に詰め込まれた、これもやはり誰でも楽しめるゲームです(`・ω・)+。
手番プレイヤーは山から引くか、他人の手札から引くか、同じ怪物を2枚捨てて攻撃(相手から一枚取る)を行います。
攻撃により、一枚だけの「ジュリエット」を引けばむしゃむしゃと食べたことになり勝利。山札切れの最後までジュリエットを守ればそれでも勝利。(実際はもうちょっと複雑なルールですが…)この表裏一体感がすばらしいです。
タチキタプリントさんで送料込で1000円で購入したのですが、内容の濃さの割にたいへんリーズナブルなゲームですね。
あちこちで広めたい勢いです。

■犯人は踊る

またしても手軽で誰でも遊べる、とてもよくできた推理ゲームです。
手番に手札からカードを1枚出して、効果を発動します。探偵かわんこで犯人を見つけるか、犯人カードを持ったまま逃げ切れば勝ちです。
犯人はカードはあちこちに移って行くので、「あのカードが使われたってことはいまこの辺かな?」「あっ、誰々さん今○○のカード使ったけどタイミング的に怪しくないかな」などと思いを巡らすのが楽しいです。
後半、まちこさんがビシっとポーズをつけて「犯人はお前だッ」と指摘する姿がかっこよかったですねヽ( ・∀・)ノ(犯人ちがいましたけども。)
それくらいのノリで楽しむのが正解かもしれません。
この手の推理・正体隠匿ものは、ある程度人数が多いとワクワク感が違ってきますね。

■小早川
 
以前から色々とネットで話は聞いていましたが、遊ぶのははじめてでした(`・ω・)+。
これは…なかなか面白いですね。確かに手札次第で何もできないこともありますが、ギャンブルゲームだと割り切れば「乗るか」「降りるか」の判断のむずかしさがこの作品の楽しさだと気付きます。
サクッと終われて盛り上がれる良ゲーではないでしょうか。
ただ、個人的にはこの小早川のカードの様な抽象的なデザインよりも、何かしらテーマ付けされている方が好みですね。


〜2月11日 第2回〜

続いて2月11日の第2回にもお邪魔してきました(`・ω・)+。皆さんありがとうございました。
ところで、第1回、第2回とも、終了後の打ち上げ、もとい夕食会に参加させて頂きました。2回ともなかなかおいしいハンバーグのお店でのんびりとお食事したのですが、気になるお店があちこちにありキョロキョロしてしまいますね(笑)。
元住吉は話題のお店が多いそうで、ゲーム会以外でもフラリと来てみたくなる素敵な場所ですね。

■Room-25

僕自身も所持しているゲームですが、写真のプレイヤー駒たちはどうですか!このコンポーネントの見事さヽ( ・∀・)ノ。
分かり易いなどという域を超え、もはや1つのアートの様です。
着色されたのは、ボドケ会界隈では豪華コンポーネントでお馴染みのしゅだっちさん。
Room-25は僕のベストお気に入りゲームのひとつなので、いつかしゅだっちさんが購入されて着色されないかな…と思っていたのですが、遂に夢叶った格好です(笑)。
臨場感のあるプレイヤー駒で遊ぶと、いつものRoom-25も一味違ってきますね。
ちなみに、このゲームをやると自分は必ず爆死するのですが、今回も爆死しました。そこはいつも通りですヽ( ・∀・)ノ。
発売からそれなりに経っていますが、「閉鎖空間からの脱出」「この中に裏切者がいるっ!」というテーマがキャッチーなためか、皆さんやりたいと言われる方が多くて、なんだか僕も嬉しいです。

■アトランティス

沈み逝く大陸からお宝をかっさらってスタコラ逃げ出すタイルゲームです。
見ての通り、コンポーネントが素敵ですね。朱里さん所有のゲームは本当にカッコイイものが多いです。
ボドゲは、僕も絵画や彫刻のようなアート作品としての魅力が多分にあると思っていますので、その美しさに惹かれる気持ちよく分かります(`・ω・)+。
さて、内容の方ですが、プレイヤーは手札からカードを出して、対応する色のタイルへ移動してゲットします。これがそのまま得点です。タイルが無くなると海が現れて、渡るにはお宝を払わなければいけません。橋をかければ支払無しに渡れるのですが、他人も通れてしまうのでなかなか悩ましいですね。
手札次第ではにっちもさっちも…というところは否めないですが、初心者の方にもとっつき易いルールで、雰囲気もバッチリ。見た目が良いというのは、特に初心者の方にはとってはとても重要なことだと思います。
時間もサクサク遊べば30〜40分級ということで、こういったゲーム会には不可欠な存在ではないでしょうか。

■キングダムオブフールズ(テストプレイ)
長谷川登鯉さんが持って来られていた、大阪ゲームマーケットで頒布予定の作品のテストプレイをさせて頂きました。
あやつりキングダムのアートワークを一部流用した新作とのことでした。あやつりキングダムは僕もお気に入りの一作なのですが、フールズの方はこれまた一筋縄ではいかないですね。
王様と家来という非対称の条件でお互いのハラを探り合う、新感覚の悩みどころてんこもりのゲームでしたね(`・ω・)+。
「王様」役が出来ると聞いて、僕は早速立候補させててもらいました。長谷川さんに「王様は難しいですよ」と言われ、どんとこいなどと思ったのですが(`・ω・)+…案の定いいところナシでした。(笑)、難しかった!しかし、やり込むとアツい読み合いが出来そうですね。いつか製品版も遊んでみたいです。
ありがとうございました。

■スパイリウム

ここ最近イチオシのゲーマーズゲームです。
インタラクションの発生のさせ方が絶妙で、特に5人で遊ぶとなかなかにままならないことが多くアツイです。逆に少人数で遊ぶとそこそこ緩めで楽しめますね。
競りがメインながら、ミープルを使ったワーカープレイスメントのような新感覚。そこそこのプレイ時間と渋いアートワーク(デザイン重視で視認性はイマイチですが…)どれもお気に入りの要素です。
慣れると1時間ちょっとで回せそうですので、あちこちで布教したいなあと思っております。
なお、いつも皆言いますが、スパイは関係ありませんヽ( ・∀・)ノ。
sasaoyajiさんが、スパイリウムのことをずっとサイリウムと言い間違えておられたのはちょっと印象的でした(笑)。

■ハートオブクラウン(基本+東方辺境領)

最後に、主催の谷町さんも大好きなお馴染みのデッキ構築ゲームを遊びました。
今回は、天道翔さんに、谷町さん、自分、そして僕にとってハトクラと言えばこの方、ハトクラヘビープレイヤーでその界隈ではお馴染みのRokiさん、この4人で遊びました。
トータル2戦遊んだのですが、やはりRokiさんの上手さが光ってましたね。天道さんも谷町さんも僕からするとベストなプレイングなのですが、強い方は局面ごとの判断や狙いが一味違う(`・ω・)+。
色々勉強させてもらいました。今度はフェアリーガーデンもやりましょうヽ( ・∀・)ノ。

そんなわけで、だいぶ遅くなってしまいましたが、シャッフル1,2回を振り返ってみました。
とても心地よい会です故、今後も出来るだけ参加させて頂きたいと思います。初心者の友人をいつか連れて行きたいなあ。

主催様、遊んでくださった皆さん、ありがとうございました。

ヽ( ・∀・)ノ


 

PR

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 2度目のネットランナー(6) 「NISEIの新拡張で遊ぼう [2] SystemCoreを使ってみよう」
    ごん太 (11/22)
  • 2度目のネットランナー(6) 「NISEIの新拡張で遊ぼう [2] SystemCoreを使ってみよう」
    ミカヅチ (11/19)
  • 2度目のネットランナー(5) 「これからはじめる人のための、ネットランナー10の疑問」
    ごん太 (05/22)
  • 2度目のネットランナー(5) 「これからはじめる人のための、ネットランナー10の疑問」
    ミカヅチ (05/20)
  • 2度目のネットランナー(4) 「実は知らなかった!?間違えやすい超基本ルール」
    ごん太 (02/19)
  • 2度目のネットランナー(4) 「実は知らなかった!?間違えやすい超基本ルール」
    ミカヅチ (02/18)
  • 2度目のネットランナー(4) 「実は知らなかった!?間違えやすい超基本ルール」
    ごん太 (02/18)
  • 2度目のネットランナー(4) 「実は知らなかった!?間違えやすい超基本ルール」
    ミカヅチ (02/18)
  • 2度目のネットランナー(3) 「デッキをどう組むか? [2] コーポのデッキ構築」後編
    ごん太 (12/07)
  • 2度目のネットランナー(3) 「デッキをどう組むか? [2] コーポのデッキ構築」後編
    ミカヅチ (12/05)

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM